通信で薬学部の勉強をすることは出来る?

薬学部,通信

通信制大学は働きながら勉強したい人や、育児や仕事がひと段落して、第二の人生をより豊かに暮らしたいと考えている人たちが生涯学習に利用したりしています。 そんな通信制大学では様々な大学の学部の中から自分の興味のある分野を選んで学習することが可能ですが、薬学部の場合はどこの大学も取り扱っていません。なぜかと言うと、薬学部は実際にキャンパスまで足を運んで教授の授業を聞いて様々な実験などを行わないと学習が難しい難易度も偏差値も高い学部だからです。 医学部と同じように六年間大学で学ぶ薬学部は、人の命を左右する重要な仕事に就く人材を育成するため、きちんとキャンパスで講義を受ける必要性が高いのです。 そのため薬学部を希望する場合は通常のセンター試験やAO入試などを受けて大学に入学する必要があります。高校生ならばそのまま受験勉強を続けて大学入試を受けるのがおすすめで、社会人などの場合はAO入試や社会人試験を受けて合格すれば薬学部に入学できます。けれど朝から晩まで講義や実習などでハードなスケジュールとなるため、仕事との掛け持ちなどは出来ないでしょう。 そのため、専門職につきたい場合は出来るだけ現役での大学入試がおすすめです。 385

薬学部の通信制は何年まで在籍できる?

薬学部,通信

最近は通信制を取り入れる大学もかなり増えてきていますが、それでも薬学部は専門的な学部で医大に有る事も多い事から通信制の薬学部の絶対数は全国的に見てもかなり少なく、有ったもしても費用は他の大学よりも高い傾向が有ります。それでも仕事しながらでも薬剤師を目指している人の中には通信制の薬学部に入学して通常は4年で卒業出来る所を何年かは延長して、卒業して薬剤師の資格を取得する人もいます。 一般的な大学の在籍年数は最大8年まで在籍できますが、このケースでは様々なパターンが有り専門的な単位だけを取得する為に入学する特別編成コースなども設けている大学も有り、勿論入学には条件は付きますがその場合は一般的な年数よりも短く済む事も有りますのでそこで単位を取得する人もいます。 しかし基本的には普通の医大などと同じで最低でも4年分の単位が必要となり、大学によっては自主退学で無い限り在籍制限を設けていない大学も少なくありません。その理由としてはやはり仕事をしながら勉強している人が多いので、どうしても4年で単位を取得する事も時間的に難しい事が多く、それでも単位を取得して薬剤師を目指している人の為に何年までと設けていない大学も多いです。 386

通信で薬学部の勉強 どこまでできる?新着記事

2014/11/09 07:58:09 |
薬剤師になるためには国家試験に受かる必要があります。その国家試験受験するには大学の薬学部で6年間勉強をし卒業しなくてはいけません。ですので、通信教育だけでは試験を受けることすらできません。しかし、通信講座というものは存在します。これらはすでに資格を持つ人が、さらに勉強を続けて日々進化し新開発されてくる薬に対してプロとして常に新しい知識を身につけて対応できるようにするためだったり、妊娠や出産などの理由で一時的に一線を退いた人が現場に復帰するために最新の知識を手に入れるためのものです。この講座では実際に現場で活躍をしている医学や薬学の専門家がテキストの作成に携わり、最新の情報を常に配信してくれるの...
2014/11/08 22:08:08 |
退職後の人生設計として新しい職探しをされている人にとって、一番有力な選択肢は同業に再就職するという方法ですが、なかにはまったく違った仕事を始めてみたいと考えている人もいます。医療系の仕事で人気があるのが薬剤師の仕事です。国家試験に合格する必要があり、簡単な道ではありませんが、年齢を問わず挑戦することができるのが魅力です。薬剤師を目指す方法ですが、必ず大学の薬学部に入学し課程を修了しなくてはなりません。医療系の資格試験の中には医療事務など通信教育で取得できるものもありますが、薬剤師の資格は通信制度で取ることはできないのです。薬剤師は職務内容の専門性が大変高く、従来は4年制だった薬学部の課程も6年...
2014/11/07 11:41:07 |
健康上の理由や経済的な理由、人間関係の悩みなど様々な理由から通信制高校に通っている人は少なくありません。通信制高校は、週に数回学校に通うコースや定期的なスクーリングだけで、あとはレポートの提出のみといった独学が主なコースなど様々な授業スタイルがありますが、一般的に通常の高校と比べると大学進学を目指している人はそれほど数が多いわけではありません。そのため、通信制高校から大学の薬学部を目指したいという場合は、自分が努力をすることがとても重要になってきます。まず薬学部は基本的に偏差値が高い学部です。国立大学であれば、平均して60以上は必要です。私立大学の場合は、大学によって大きく違いますが、それでも...
2014/11/06 18:05:06 |
薬剤師の国家資格を取るには、大学の薬学部で6年間勉強をして薬剤師国家試験に合格する必要があります。出題範囲は基礎薬学、衛生薬学、薬事関係法規、薬事関係制度、医療薬学となり、1つでも得点が極端に低い分野があると合格することができません。私立大学では資格取得に向けたカリキュラムが組まれていますが、国立大学では研究中心のところが多く、合格率は私立大学の半分以下となっています。その為、普通はそれなりの勉強をしておれば合格するものだ、と悠長に構えていると、不合格の憂き目に遭いかねません。失敗して1年を棒に振らないために資格の取得のための準備を各自で行う必要があります。わざわざ予備校に通うほどでもない、と...
2014/11/05 19:15:05 |
結婚した後も高時給でパートやアルバイトでも働ける事から、女性に非常に人気の薬剤師。薬剤師になるには、通信制大学などではなく薬学部の設置している大学などに通い、国家試験を受けたのち資格が与えられます。目指す人も多い薬剤師ですが、なかでも特に気になるのが学費についてだと思います。しかし、2006年度から制度が変わり今まで4年制だった薬学部が、医学部と同様6年制へ変更となり、さらに学費が心配されるようになりました。いくら薬剤師が高収入で、資格を取れば元が取れると言われていても、気にはなりますよね。実際には、国公立と私立ではある程度差はあるようですが、6年間でだいたい1000万前後と言われています。同...

このページの先頭へ戻る